読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸でボードゲーム

神戸を中心にボードゲームで遊んでいます。

プロゲーマー【ウメハラ】が「カタン」から学んだこと。

自分は格闘ゲームも下手の横好きでやっていて、配信もよく見ています。

 

「レジェンド」プロゲーマー、ウメハラ氏が出演した先日の「勝ちたがりTV」。

TOPANGAリーグ*1を振り返るトークの中で、意外にもボードゲームの話題が出てきたので、その部分を書き起こしました。

 


勝ちたがりTV #168「第5期TOPANGAリーグを終えて+ゲスト・ウメハラと軽快なトーク ...

ウメハラ氏(以下「ウメ」):画面中央

ボンちゃん氏*2「(以下「ボン」):画面左

ふ~ど氏*3(以下「ふ~」):画面右

(1時間47分ごろから)

ウメ:俺でもねえ、格闘ゲームをやるのって、格闘ゲームしかやってなかった頃と比べて、麻雀とか色んなものやった後のほうが格闘ゲームに対する考えって深まったのね。*4

(中略)

ウメ:やっぱスト4しかやらないよりも、色々なところからの「このゲーム、こうやんなきゃいけないんですよ」っていう考えは参考になるなと思って。今回のリーグで、俺が何が活きたかっつったら、まあ麻雀もそうなんだけど、「カタン」。

ボン:カタン

ウメ:カタンっていうゲームがあって。

ふ~:ああ、ドイツのボードゲーム

ウメ:そう、あれが活きた。

ふ~:え、やってるんですか。

ウメ:やってたことあるの。んで、カタンの戦い方っていうのを教わったときに、カタンって基本サイコロだから運ゲーになるんだけど。そうすると誰かが抜けだすじゃない?それで誰かが抜けだしたときに、まあ4人か3人でやるんだけど、残りの連中が結託してそいつを潰しにかかるわけ。

ボン:う~ん、うんうん。

ウメ:だから目立つってすげえ不利だなっていうのは、カタンやってるとよくわかるわけ。だからその、そんときの経験があって「そっか、じゃももち*5カタンでいうところの、今ポイントリードしてる…」

ボン:抜けだしたやつ。

ウメ:うん、ゴールしそうなやつ。っていうことは、こいつにはこれから一切資源も行かなくなるし、交渉も持ってもらえない状況になると。で、俺はお前(ボンちゃん)に結局だから、損をまず申し出るんだよね。「俺はお前のためにこれだけ損をする」と。

ボン:そうだね。

ウメ:それで十分お前に貢献したあとに、「じゃあお前も貸しがあるよね?」っていう状況を作って、だからもう完全にゲームの外だよね。ゲームの外の交渉だし、戦略っていうか駆け引きで。それがねぇなんか、すごい……面白かったな、活きたな、と思った。ただ自力で頑張るんじゃなくて、抜け出してるやつを止める。

ふ~:うん。

ウメ:言ったらさ、お前(ふ~ど)もさぁ、Aリーグ(※第2期)完勝したとき、あれもうとんでもない集中放火を浴びる行為じゃん。あの勝ち方…

ふ~:いやほんと、資源なんもなかったっす…

一同:(笑)

(書き起こしここまで)

「ももち戦に向けて、ウメハラとボンちゃんが互いに協力してかなり対策した」という流れから、上記の話につながっています。

ウメハラ氏がカタンをやっていた!ということにまず驚きましたが、ゲームの勘所をつかむ理解度はさすが。ドイツゲーム用語でいうところの「仕事」*6に通じる話もあったりと、格闘ゲーマーのみならずボードゲーマー的にも「神回」となった配信でした。

カタンの開拓者たち スタンダード版

カタンの開拓者たち スタンダード版

 

 

ストリートファイターライバルズ

ストリートファイターライバルズ

 

 

ウメハラ  FIGHTING GAMERS! (3) (カドカワコミックス・エース)

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (3) (カドカワコミックス・エース)

 

格闘ゲームアナログゲームをつなぐ存在では、ヌキ氏も人狼プレイヤーとして知られています。

ジーピーさん、またはドワンゴ公式さん、ニコ生で「『ウメヌキ』カタン対決」なんか企画してもらえると、めっちゃ見たいなあ…とか思いました。

-----

*1:「世界最狂」の格闘ゲームリーグ。優勝賞金は150万円。先日第5期が開催された。TOPANGA LEAGUE 第5期 Aリーグ|TOPANGA

*2:レッドブル」所属のプロゲーマー。「勝ちたがりTV」レギュラー出演者。

*3:周辺機器メーカー「RAZER」所属のプロゲーマー。「勝ちたがりTV」レギュラー出演者。

*4:ウメハラ氏は一時期雀荘に勤務していた。

*5:北米の「Evil Genius」チーム所属のプロゲーマー。昨年のカプコンカップ・今年のEVO(世界最大の格闘ゲーム大会)を続けて制し、今回のTOPANGAリーグでも優勝候補筆頭と見られていた

*6:トップを勝たせないために、不利を承知で打つ手